導入事例

Case Study

日本郵船株式会社 海務グループ NAV9000/QAチーム

NYK Seamanship Calendar 2017(3種)

社内コミュニケーションツール
  • 社内コミュニケーションツール(2017年 カレンダー)
課題
船の乗組員の安全意識を高め、事故を防止したい。
手立て
職場の安全を喚起するために言葉だけではなく、わかりやすいイラストを使用。
日本郵船様のお話を伺いながらオリジナルのイラストを作成し、明るくキャッチーなビジュアルで常に目を向けてもらえるように工夫。
職場によって安全への留意する点が異なるため、「航海士編」、「機関士編」、「一般乗組員編」の3種類を作成。
半透明のシールをカレンダーの数字の上に貼り世界各国の祝日に対応できるようにした。
仕様
A3(展開A2)16P中綴じカレンダー 3種あり(Deck ver. Engine ver. General ver.)
祝日シール付き
成果
その年が終わってもイラスト部分を切り取って掲示されるなど、継続的な啓発活動につながっている。

関連する事例

サービスに関するお問い合わせ

03-3265-9431